第90回記念東京展(第6回)

事務局便り

○新構造90回記念広島巡回展のお知らせ
 中国地方を中心に豪雨の被害がありましたが巡回展は予定通り 
 来る7月31日~8月5日迄広島県立美術館県民ギャラリーにて開催されます。
 今回は本展受賞作を中心に62点がセレクトされ盛大に開催される予定です。
 本展に遠方でご覧になれなかった西日本の皆様お楽しみください。
 ➡hiroshima.pdf

○徳山賞について
今回90回記念展を際し過去新構造社に貢献のあった徳山魏氏を顕彰し
以降徳山賞を特別賞として位置づけることをを理事会で決定しました。

徳山 巍(たかし) 氏 (1903~1990)の略歴紹介
1903 岡山県真庭郡川上村出生
1923 日本美術学校に学ぶ
1929 1930年協会展入選
   里見勝三・佐伯祐三から「日本人は日本人の絵を描け」という
   ブラマンクのフォービズム哲学を学ぶ。
1930 新構造社会員となる。
1957 新構造社運営委員となる
1977 日本油彩創作家協会設立 
1980 台東区文化功労者賞受賞
1990 没 (享年86才)
功績
   新構造展では一貫して日本の美的抽象画を探求し続けた。特に油彩による
   金銀砂子散らしは高く評価を受けている。また、新構造社の運営委員として
   抽象作家の発掘や若手作家の育成に努め、現在でも多くの薫陶を受けた作家が
   新構造展に出品し活躍している。ここに功績を讃え90回記念展を期に特別賞とし
   て徳山賞を設定した。 

○第7回FACE2019展のご案内
  損保ジャパン日本興亜美術財団が行う公募コンクール展です。
  新進作家の登竜門として権威のある展覧会です。
  新構造社の作家の皆さんに是非出品してほしいとの事でした。
  意欲のある皆様の出品をお願いいたします。
  詳細はこちらから➡FACE 2019

○情報提供のご依頼
会員の皆様へ
日頃の活動(個展、グループ展、その他の活動)の写真、パンフレット等ありましたら会の記録として残しますので事務局に送付して下さるようお願い申し上げます。

※その他、会に対するご要望、ご意見等ございましたら、お気兼ねなく連絡下さるようお願い申し上げます。